昨日はオフィスに一人でいた。一人でいると作業には集中できていい。コロナウイルス情勢に鑑み、スタッフの不安を和らげるため、また、社会全体としても大勢が動き回らないことでコロナウイルスではなくてもインフルなどにかかったり、図らずも拡散したりしなくていいというアイディアに一理あると思ったから今週は総員ワーク@ホームとした。しかしながら、にわかに行う在宅勤務は生産性が低下すると言い切れないまでも、舵取りが難しい。whatsappに始まり普段使いであるslackに加えzoomも導入。修正した作業を何の脚注もなくslackにアップすればそれで事足れるとする者もいるが、どういう課題の理解に基づいて自分はこう思ったからこういうディレクションをしたという説明がないと、結局はそのためにテキストをやりとりしたり、電話したりということになる。もちろん、工夫しなければならないのは自分だ。うちはモノを作る会社ではないから目に見えて生産量を把握できないけれど、製造業は大変だ。一連の社会情勢に続いてウイルス。マクロ、ミクロの経済への影響。人々のマインド。香港を活力あるマーケットとして蘇らせるためにどうすべきか。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう