香港の人たちがランチにかけるお金は、わずか10年位前まで40ドルぐらいだった。2019年。40ドルだとマクドナルドに行っても、セットによってはたお金が足りない。地元のレストランが持ち帰り用に供用する、白飯にいくつかのチョイスから選ぶおかず2品を盛ったお弁当でも40ドルはしてしまう。もちろん場所にもよってはもっと安く買えるかもしれないが、ここは商業地コーズウェイベイ。他の場所よりお値段が高い。ラーメンストリートでラーメンを食べれば100ドルということは書いた。普通にローカルレストランで食事をしても60ドルは覚悟した方がいいと思う。

今日はオフィスの隣にあるこのレストランで<パキスタン秘製>チキンカレー+今日のスープ+ミルクティーのセットランチを食べた。

香港の大学卒初任給はどうだろう。この10年で13000ドルから17000ドルくらいになったとして30%のアップ。これはなかなかの負担増。まぁ、しかし、今の若い人たちには平均1億4000万円もするようなマンションには手が出ないから、無理して日頃から倹約を以って当たり前とする人も少なくなっていてランチくらいは好きに食べたいと思っているのかもしれない。

62ドル。今のレートで換算すると880円。2010年、民主党政権の頃は1ドルが11円という時もあった。その時の40ドルは440円。香港ドルだけの視点で見ても1.5倍なわけだけど、日本円を絡めて考えると2倍になった計算になってしまう。

ここで、ついつい、日本の320円ラーメンの写真を挟んでしまった。日本は安いなぁ(注:印象操作です)


最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう